院長のつぶやき

●遊びの話と仕事の話を交代で書いてゆきます・・(31)

前回の継続です。
(6)橋本病・バセドウ病/放射線治療後・甲状腺腫瘍術後
甲状腺機能低下症のため、チラージンSを内服中の方は
減量しないで下さい。しかし、東日本大震災時には
日本の在庫が10日分を切りました。この際には隔日
内服も可(絶対手持ちが無くならない様にするため)
とする意見と指針があります。
 手持ちの予備を4週間分用意しましょう。都内で
お仕事の方は帰宅困難となる可能性もあるため、職場に
最低1週間分の予備を持ちましょう。
(7)バセドウ病にて、抗甲状腺剤(メルカゾール錠・
プロパジール錠orチウラジール錠)を内服中の方は
減量しないで下さい。バセドウ病が再燃し、甲状腺
ホルモンが上昇する可能性があります。バセドウ病
クリーゼ(甲状腺ホルモン上昇によるホルモン過剰
症状の究極状態)が出現する可能性があります。
 震災等による非常時にはクリーゼに対する集中治療
(血漿交換治療含む)も実施困難となるため救命不可能
です。都内でお仕事の方はチラージンSと同様に予備を
持ちましょう。
 次回もこの内容を継続します。

(2019年12月27日)

  • 院長のつぶやき
  • 看護師の部屋

診療内容

内分泌科・甲状腺・糖尿病・一般内科

初診の方、月初めの受診には保険証をお持ち下さい。
クレジットカード、デビットカードはご利用いただけません。

診療時間

診療カレンダー

受付時間は診察終了30分前とさせて頂きます。なお土曜日は、診察終了1時間前となりますので宜しくお願い致します。

予約制 042-540-8777

クリニック所在地

地図

JR立川駅、多摩モノレール立川北駅から徒歩約4分

自転車にてご来院の患者様へ 当院専用駐輪場は御座いません。近隣の無料・有料駐輪場をご利用下さい

詳細地図、駐車場案内はこちら